横浜中華街で美味しい時間を過ごす

「国内旅行で、おいしいものがお腹一杯食べたい」という人にお勧めなのが、横浜中華街です。

横浜中華街には、500店以上ものお店があって、東アジア最大の中華街なんですね。横浜中華街は、神戸南京町中華街長崎新地中華街と並んで三大中華街と呼ばれていますが、その中でも最大の規模を誇っています。

横浜中華街の名物料理店ランキングの1位は、「梅蘭(ばいらん)」で、梅蘭やきそばは、お客様の約9割が注文するといわれています。2位は老舗の「清風楼(せいふうろう)」で、一度食べるとやみつきになってしまうチャーハンとシュウマイで有名です。3位は「景徳鎮(けいとくちん)」で、四川風麻婆豆腐がその旨さと辛さで人気です。

横浜中華街に家族で行くのなら、食べ放題もいいですね。中華街の食べ放題で人気があるのは、「大珍皇宮御膳房(だいちんおうきゅうごぜんぼう)」です。ここは、ふんだんな食べ放題飲茶と料理が大人気です。平日のランチは2,000円、ディナーは2.500円(土・日・祝日は3,000円)となっていて、制限時間は120分とたっぷりあります。

横浜中華街では、食べられるだけではありません。1930年代の上海がモチーフの「横浜大世界」は、食と文化のエンターテイメントが集結したアミューズメントパークです。

チャイナスクエア」には、よしもとおもしろ水族館赤ちゃん水族館、雑貨屋と写真館などがあって気軽に楽しむことができます。


 

旅行ガイド【首都圏】 楽天トラベル提供


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。