旅行後にブルーにならない方法

夏休み突入ということで、楽天トラベルで旅行を申しこまれる方が、7月中旬以降急増しています。

夏休みの旅行は申し込まれましたか?まだまだ間に合います。

昨日から、8月に突入し、夏も本番、旅行シーズン真っ盛り。

旅行に行くまでは、気分上々、旅行中もテンション上りっぱなしなのに、旅行から帰ってきた後、ブルーになったり、疲れが出てしまう人が少なくないそうです。

そんな旅行後のブルーな気持ちをなくすにはどうすればいいのでしょうか。

NBCニュースの特集によると、旅行に行く人は、幸せのレベルが旅行準備期間から上がり始め旅行中も上がっているのですが、旅行が終わるとその幸せのレベルは旅行に行かない人とほとんど変わらなくなってしまうとのこと。

しかし、人によっては、幸せのレベルが旅行後も高いまま持続し、最長で2ヶ月間も続く場合があるそうです。

この違いは何なんでしょうか?

旅行の長さや行き先とは関係ないそうです。旅行が「とてもリラックスできた」旅行だったかどうかに掛かっているそうです。
 
旅行後ブルーな気持ちにならないためには「リラックスできた」と感じる旅行であることが重要なのです。

また、旅行後も、こんな具体的な行動をとる人は、幸せの気分を持続しやすいそうですので、参考になさってください。

  ◆旅行の写真を人に見せて楽しかったことを話す

  ◆一緒に旅行に行った人とその思い出を語り合う

  ◆もし旅行先で新たな友人や、お世話になった人がいるならそういう人にお礼の手紙を書く   など

つまり、旅行中は、思いっきりリラックスし、帰宅後も、楽しかった思い出を大切に懐かしむことが、旅行の幸せな気分を持続させるコツなんですね。ご友人や親戚にお土産を届けて、楽しかった思い出を語るのもいいかもしれませんね。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。