旅行後にブルーにならない方法

夏休み突入ということで、楽天トラベルで旅行を申しこまれる方が、7月中旬以降急増しています。

夏休みの旅行は申し込まれましたか?まだまだ間に合います。

昨日から、8月に突入し、夏も本番、旅行シーズン真っ盛り。

旅行に行くまでは、気分上々、旅行中もテンション上りっぱなしなのに、旅行から帰ってきた後、ブルーになったり、疲れが出てしまう人が少なくないそうです。

そんな旅行後のブルーな気持ちをなくすにはどうすればいいのでしょうか。

NBCニュースの特集によると、旅行に行く人は、幸せのレベルが旅行準備期間から上がり始め旅行中も上がっているのですが、旅行が終わるとその幸せのレベルは旅行に行かない人とほとんど変わらなくなってしまうとのこと。

しかし、人によっては、幸せのレベルが旅行後も高いまま持続し、最長で2ヶ月間も続く場合があるそうです。

この違いは何なんでしょうか?

旅行の長さや行き先とは関係ないそうです。旅行が「とてもリラックスできた」旅行だったかどうかに掛かっているそうです。
 
旅行後ブルーな気持ちにならないためには「リラックスできた」と感じる旅行であることが重要なのです。

また、旅行後も、こんな具体的な行動をとる人は、幸せの気分を持続しやすいそうですので、参考になさってください。

  ◆旅行の写真を人に見せて楽しかったことを話す

  ◆一緒に旅行に行った人とその思い出を語り合う

  ◆もし旅行先で新たな友人や、お世話になった人がいるならそういう人にお礼の手紙を書く   など

つまり、旅行中は、思いっきりリラックスし、帰宅後も、楽しかった思い出を大切に懐かしむことが、旅行の幸せな気分を持続させるコツなんですね。ご友人や親戚にお土産を届けて、楽しかった思い出を語るのもいいかもしれませんね。

ゴールデンウイーク・夏休みの旅行計画はお早めに!

ゴールデンウイークの旅行予約は、3月中にやっておくのが得策かつ賢明といえるでしょうね。

4月中でもまだ間に合いますが、人気のホテルや旅館を予約するのが難しくなります。また、格安航空券などがあっても、人気の日や曜日から埋まっていきますから、4月だともはや遅いケースも少なくないですね。

<参考サイト>ゴールデンウイーク 海外旅行

夏休みの旅行計画をゴールデンウイーク前にやってしまう方もいます。ゴールデンウイーク直後に計画を練っても遅くはないのですが、早ければ早いほど有利なことは確かです。

<参考サイト>国内旅行・海外旅行の楽しみ方

旅行先でゴルフを楽しむ方は、ホテルや交通機関の予約に加えて、ゴルフ場の予約もあり大変です。

<参考サイト>ゴルフ場検索・予約なら楽天GORA

「先んずれば即ち人を制す」と言いますが、「先んずれば即ち旅行を制す」ということでしょうか。
 

国内旅行海外旅行に関する旬な情報は下記のブログからお探しくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

人気ブログランキング

横浜中華街で美味しい時間を過ごす

「国内旅行で、おいしいものがお腹一杯食べたい」という人にお勧めなのが、横浜中華街です。

横浜中華街には、500店以上ものお店があって、東アジア最大の中華街なんですね。横浜中華街は、神戸南京町中華街長崎新地中華街と並んで三大中華街と呼ばれていますが、その中でも最大の規模を誇っています。

横浜中華街の名物料理店ランキングの1位は、「梅蘭(ばいらん)」で、梅蘭やきそばは、お客様の約9割が注文するといわれています。2位は老舗の「清風楼(せいふうろう)」で、一度食べるとやみつきになってしまうチャーハンとシュウマイで有名です。3位は「景徳鎮(けいとくちん)」で、四川風麻婆豆腐がその旨さと辛さで人気です。

横浜中華街に家族で行くのなら、食べ放題もいいですね。中華街の食べ放題で人気があるのは、「大珍皇宮御膳房(だいちんおうきゅうごぜんぼう)」です。ここは、ふんだんな食べ放題飲茶と料理が大人気です。平日のランチは2,000円、ディナーは2.500円(土・日・祝日は3,000円)となっていて、制限時間は120分とたっぷりあります。

横浜中華街では、食べられるだけではありません。1930年代の上海がモチーフの「横浜大世界」は、食と文化のエンターテイメントが集結したアミューズメントパークです。

チャイナスクエア」には、よしもとおもしろ水族館赤ちゃん水族館、雑貨屋と写真館などがあって気軽に楽しむことができます。


 

旅行ガイド【首都圏】 楽天トラベル提供

シルバーウィークの旅行予約はしましたか?

夏休みの旅行は家族旅行がメインですが、シルバーウィークの旅行は、夫婦やカップルの旅行にしたいですね。

シルバーウィークといっても、老夫婦の旅行とは限りません。若いカップルでも、熟年カップルでも、浮気旅行でも構いませんよ!!
 
毎年やってくるゴールデンウィークと違って、シルバーウィークはめったに来ないんですから、思いっきりはじけちゃいましょう!!

◆9月の5連休
  9月19日(土)、9月20日(日)、9月21日(敬老の日)、9月22日(国民の休日)、9月23日(秋分の日) の5連休
 
◆11月の6連休(これは当初法制化も期待されましたが、実現しなかった連休です。失礼。)
  10/31(土)、11/1(日・祝)、11/2(月・振)、11/3(火・祝)、11/4(水・休)、11/5(木・祝)の6連休

秋の行楽シーズンですから、国内旅行でも海外旅行でもピッタリの季節ですね。温泉旅行もバッチシです。

日本最大の旅行予約システム「楽天トラベル」で、早めのご予約がお勧めです。
 
 

夏休みの北海道旅行

夏休みに旅行するなら、沖縄みたいな暑いところより、やはり涼しい北の方へ行きたい、と言う人は多いと思います。

そういう方には、やはり北海道旅行ですね。

北海道で近年人気が高まっているのは、映画にもなり話題になった旭山動物園ですね。

旭山動物園は、入場者数が全国の動物園の中で一番多く、次々と大型施設をオープンさせています。

旭山動物園では、大型施設「オオカミの森」がオープンしたばかりです。そのほか、6月1日から8月31日まで幼児、小学生が動物園の中で描いた動物の絵を対象にした「児童動物画コンクール」や、8月13日から17日までは動物たちの夜の顔を見ることができる「動物園星まつり」などのイベントを開催しています。

もう一つおススメスポットを紹介するなら、世界遺産に登録されるほどの美しい自然をのこした知床ですね。


知床は、平均気温が7月で16.6度、8月で18.6度ととても涼しいですよ。天候も、7月前半と8月中旬以降は落ち着いています。

注意していただきたいのは、知床は、7月下旬から8月初旬にかけては不安定な日もあるということです。天候が悪い日には気温が10度を切ることもあり、天候が良い日だと30度近くになることもあります。

夏休みに北海道旅行する場合は、着るものに注意しましょう。昼間は暑くても、夜から朝方にかけて急に気温が下がって、肌寒いこともあります。

半袖の上に羽織れるような上着を、1枚は持っていくと良いでしょう。

北海道は湿度が低いので、気温が高くても比較的すごしやすいですね。

GWや夏休みの沖縄旅行

GWや夏休みの旅行で、「海水浴やスキューバダイビングやを楽しみたい」という人には、沖縄がお勧めです。日本国内で唯一亜熱帯気候の地域で、サンゴ礁に囲まれた美しい海と、独特の植生を持った森が沖縄特有の風景を形成しています。また、沖縄固有種の動植物が数多く生息しています。さらに、場所によっては、イルカウォッチングなども楽しめます。

沖縄では、5月から10月までの平均気温が約25度から28度もあるので、毎年その時期は、沖縄のどの地域でも海水浴やスキューバダイビングを楽しむができます。ただし、日差しがとても強いので、日焼け止めやサングラス、日よけの薄いシャツ・帽子などを持っていかないと、帰ってから日焼けの処理に困ることになります。皮膚がぽろぽろ剥けるくらいの日焼けになることがよくあります。

沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館では、サンゴ礁を彩る鮮やかな熱帯魚のほか、世界最大の魚であるジンベエザメ、また、エイのマンタなどの珍しい魚類が飼育されています。開館時間は3月から9月が8:30〜20:00、10月から2月が8:30〜18:30です。入館料は大人が1,800円、高校生が1,200円、小・中学生が600円となっています。

沖縄美ら海水族館は、テーマゾーンがあって、水族館の中にいるのにまるで沖縄の海の中にいるような感覚を味わうことができます。テーマゾーンは、ゲートを入ると太陽が降り注ぐサンゴの海、世界最大のアクリルパネルが取りつけられた黒潮の海、発光生物が飼育されている深海の3つにわかれています。

ご当地グルメを巡る最近の国内旅行

ご当地グルメという言葉が流行っています。旅行の訪問先の名物料理を食べ歩くことですよね。

食は、旅行の最大の楽しみですよね。特に国内旅行はそうです。

名物料理のお土産が売っていたり、お取り寄せができる場合もありますが、やはり、現地で温かい作りたての料理を食べるのが最高です。

中には、お目当ての店で食べるために旅行する人も多いようですね。

お土産を持ち帰るのが大変な方は、お土産の宅配サービスを利用する人も増えてきました。

お土産宅配サービス

ご当地グルメは、名物料理が普通ですが、最近は、女性を中心に、スイーツのお取り寄せや、現地まで行って食べて帰るようなスイーツファンもいるようです。いわば、ご当地スイーツの旅ですね。

若い女性ならではの軽いノリと言いますか、素早い行動力ですね。女性同士で、新幹線でフラッと行って、日帰りしたり、温泉に一泊したりと、気軽な女性旅も増えています。

すべてネットで完結してしまうからでしょうかね。思い立ったら、連れに電話して、明日出発、みたいな、若さゆえのお気軽さが今の旅の流行りかもしれません。何か月も前から計画して、貯金して、というのは、もう時代遅れなのでしょうか。
 

旅行に関するブログを探すなら→  にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ 

旅行はどこに行くかより、どう楽しむかが大切

熱海の観光客増加 「安近短」で注目 新たな魅力も発信(Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080901-00000002-fsi-bus_all

夏休みも終わってしまったので、このブログのタイトルも「夏休みの国内旅行・海外旅行」から「国内旅行・海外旅行の楽しみ方」に変えようかと思っています。

やはり、この夏休みも、燃料サーチャージが思いの外高いので、皆さん、海外旅行は諦めて、国内旅行にされる方が増えたようです。しかも、ガソリン代が高騰しているため、国内旅行の近場に集中という、何とも、旅行業界にとっては、厳しい夏休みだったことでしょう。

さあ、これから秋の行楽シーズン安近短などとケチなことを言わないで、北海道や沖縄、海外も、韓国、台湾、タイ、香港などへ思い切って出かけましょう。

特に高齢者の方、や今年定年を迎えた団塊の世代のお金持ちのみなさん。老後の蓄えばかりかんがえていても、死んだら終わりですよ!!

元気なうちに、海外旅行でも国内旅行でも、行きたい所に行って、人生の思い出作りをして、最後には、悔いのないよう、あの世に旅立ってくださいませ。

もちろん、近場でも、ニュース記事にある熱海でも、十分楽しめますし、いい思い出も作れます。大事なのは、どこに行くかということではなく、密度の濃い時間を過ごせるかどうかですね。

夫婦で、友人同士で、恋人同士で、旅行をすることで、密度の高い満たされた時間を満喫してほしいですね。
旅行に関するブログを探すなら→  にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ ブログ村ランキング

海外旅行が不振で国内旅行が増えるか?

2008年8月4日のニュースであるが、海外旅行に行く人が大幅に減少しているようです。北京オリンピックが8日から開催されるのに、中国旅行は4割近く減少する見込み。中国については、毒入り餃子事件四川大地震などのイメージダウンが大きな要因ですが、海外旅行全体の減少は、国際線の航空運賃に上乗せされる燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の値上げがどうも原因のようです。

海外旅行、原油高で大幅減 安近短か高額の二極化 中国はダウン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080803-00000953-san-soci

国内旅行はどうなんでしょうか。ガソリン代を補助してくれる旅館などもあるようですが・・・・

旅行に関するブログを探すなら→  
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ ブログ村ランキング


さて、「夏休みの旅行ではおいしいものが食べたい」という人にお勧めなのが、横浜中華街です。横浜中華街には、約0.2平方キロの中華街エリアの中に、500店以上の店舗があり、東アジア最大の中華街を形成しています。日本では、横浜中華街は、神戸南京町長崎新地中華街と並んで三大中華街と呼ばれています。

横浜中華街での名物料理ランキングをご紹介します。
〇1位が
梅蘭(ばいらん)
  お客さんの約9割が注文するという梅蘭やきそばが看板メニューとなっています。
〇2位は
清風楼(せいふうろう)
  一度食べるとやみつきになってしまうチャーハンとシュウマイが人気です。
〇3位は
景徳鎮(けいとくちん)
  香辛料たっぷりの本場四川風麻婆豆腐がその旨さと辛さで人気です。

夏休みの旅行に家族で行くのなら、食べ放題はどうでしょうか。中華街の食べ放題で1番人気なのは、大珍皇宮御膳房(だいちんおうきゅうごぜんぼう)です。旧店名は、大珍樓新館(だいちんろうしんかん)です。食べ放題飲茶と料理が人気で、制限時間は120分。平日のみのランチは2,000円、ディナーは2.500円(土・日・祝日は3,000円)となっています。

横浜中華街では、食べるだけではなく、見たり遊んだりできる場所もたくさんあります。横浜大世界は、食と文化のエンターテイメントが集結したアミューズメントパークです。1930年代の上海がモチーフになっています。

チャイナスクエアには、よしもとおもしろ水族館や赤ちゃん水族館、雑貨屋と写真館などがあって家族連れ、カップルなど、気軽に楽しめるスポットになっています。

 

東京ディズニーリゾートに夏休み旅行

夏休み旅行の目的地として、若者だけでなく、広い年齢層に支持されている場所に、東京ディズニーランドディズニーシーがあります。アトラクションやパレード、買い物など、家族で行っても、恋人と二人で行っても、友達同士で行っても、誰とでも楽しめる場所ですね。

東京ディズニーリゾートでは、「東京ディズニーリゾート25thアニバーサリー」が開催されています。期間は、08年の4月15日から09年の4月14日までの12ヶ月です。25周年ならではのイベントが目白押しで、いつもとは違うミッキーやミニーに会えるチャンスですので、すでに何度も訪問している人にとっても。、夏休みの旅行でぜひ行ってみたい場所ですね。

夏休み期間中のディズニーランドディズニーシーでは、夏ならではのイベントを盛りだくさん開催しています。
〇ディズニーランド
  「クール・ザ・ヒート」「夜間エンターテイメント」「グーフィーのクールパニック」
ディズニーシー
  「ボンファイアーダンス」「チップとデールのクールサービス」

また、夏休みの旅行では、東京ディズニーランドのオフィシャルホテルである東京ベイホテル東急に宿泊するプランもあります。日帰りや2泊3日など出発地によっていろいろなプランがあり、価格はだいたい1万円前後から7万円前後くらいまでとなっています。

  

夏休みに行く国内旅行

夏休みになれば多くの人は国内旅行に出かけるのではないでしょうか。一口に国内といっても、日本国内には、温泉をはじめとして、たくさんの観光スポットやグルメスポットがあります。
家族旅行が夏休みには多くなると思いますが、独身の方なら、会社の同僚、大学の仲間、恋人などと一緒に出かけたり、中にはは一人旅される方など、人それぞれだと思います。

夏休みの旅行で典型的なのは、「海水浴」「温泉でゆっくり」「花火大会を見たい」「テーマパークで思う存分楽しむ」「自然や動物と触れあってリフレッシュ」「おいしいものをたらふく食べたい」などが多いですが、多様な旅行目的があると思います。

夏休みに行く、旅行の行き先や目的が決まったら、次はどうやって目的地まで行くかを考えますよね。自分で飛行機や列車などのチケットを取って行くこともできますし、旅行会社のツアーで行くこともできます。また自分の車を運転して行くのかなど、結構悩むと思います。初めての場所で、旅行の段取りが面倒な気がしたら、旅行会社のツアーに申し込むというのが一番手っ取り早く安心かも知れません。

夏休み前の6月・7月になると、インターネットや雑誌で各旅行会社の「夏休みのツアー特集」を載せているので、自分が行きたい場所、予算などに合ったものがないか探して選ぶのも楽しいですね。旅行代理店に行けばパンフレットなどが置いてあるので、片っ端から集めて周り、比較検討しみるのが良いかもしれません。

勿論、最近は、ネットで全部済ませてしまう人も増えてきています。代表的な「楽天トラベル」をご紹介します。チケットから宿の予約まですべての手配を、ネット上だけで完結することができるので、利用する人が増えています。
 


 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。