ウォン安で短期の韓国旅行が大人気

K-POP人気の影響もあって、最近は、若い人も気軽に韓国旅行に出かけるようになったようです。冬ソナブーム時は、韓国旅行といえば、おばさんグループ主体のイメージがありました。

特に今年は、円高ウォン安のために、旅行者数がさらに伸びています。
韓国と言っても、沖縄や北海道に旅行するのと費用的にはそれほど変わりませんし、現地では、円高のおかげで贅沢な買い物が出来るとあって人気です。 

韓国観光公社のデータによると、2011年8月に訪韓した日本人は前年同期比の24.3%増で32万5900人にのぼったということです。2011年1〜8月の累計でも同2.5%増の199万9900人と微増しています。
 
中でも、2〜3泊の気軽に行けるツアーに人気が集中しているようです。「安・近・短」な海外旅行先として、韓国が選ばれているようです。2〜3泊で気楽に旅立って、ウォン安で現地での買い物はお得感満載といったところでしょうか。

若い人の中には、週末に会社が終わってから、2泊3日で韓国に行くという方もいるようです。
 
特に女性の方は、韓国エステの体験や韓国コスメの購入で楽しめそうですね。
 

韓国にタダで旅行する方法!?

H.I.Sなどが販売している格安旅行券だと、韓国旅行の往復旅費が3万円以内だったりします。韓国が急に近くなったなあ、とつくづく思います。

でもタダでいけるはずがないですね。でも、後でタダにする方法があります。

タダで韓国旅行する方法>>>はじめての方でも個人の方でも楽しく稼げる韓国・ソウル仕入れの秘訣を公開!

韓国は、歴史的なウォン安と言われています。もともと、物価は日本の半分ですから、普通に物を買っても安く買えるわけですが、仕入れの穴場を知っているプロのバイヤーが紹介・指導する情報ですから、書いてある通りに、ウォン安の韓国で買ってきて、円高の日本のヤフオクに出品するだけで、数万の粗利が出ます。

旅費だけでなく、宿泊費やお土産代まで稼いでしまいましょう。
 

上海万博は6ヶ月もあるんだ。。。

上海万博が5月1日から開幕、とニュースで聞いて、えっ、もうなの?と驚いてしまいました。
こんな間近じゃ、北京五輪に続いて、上海万博も行けないな、と落胆していましたが、

上海万博の期間がなんと、2010年5月1日から10月31日までらしい。6ヶ月もあるじゃないですか。

開幕の熱気が感じられる5月も良いですが、涼しくなる10月に行くのがベストかもしれませんね。

上海万博のテーマは「より良い都市、より良い生活」だそうです。今の中国にないものではないでしょうか。

上海万博のテーマ曲が日本の某シンガーソングライターの曲を完全にパクっていると話題ですが、中国のコピー文化や環境汚染など、正直日本人から見て、魅力のある国とはいえませんが、21世紀における中国の影響力はますます大きくなることでしょうから、一度は行かなくちゃならない国ではあります。

年末年始の海外旅行 前年比4・1%減

年末年始の海外旅行者数は前年比4・1%減
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091204-00000560-san-bus_all

ドバイショックの影響から、ユーロ安、ドル安になり、円が買われて、円高が進んでいる現在ですが、円高→海外旅行がお得という、これまでのような単純な図式にはならず、国内不景気の浸透と冬のボーナス減が響いたのか、海外旅行を敬遠して、近場の国内旅行を選択する傾向が強くなった模様です。

JTBによると、年末年始に海外旅行に出かける人は、前年比4・1%減の56万5千人となる見通しのようです。海外旅行の平均費用も19万3千円と前年より15・1%減少しそうです。

国内旅行についても、人数は前年比2・5%減の2850万人で、平均費用も3万2400円で3・6%減少しています。

旅行業界、ホテル業界、交通機関には厳しい年末になりそうです。

しかし、経済的に余裕のある方には、円高を活用して、さらにリッチな海外旅行が楽しめそうです。

旅行代金も、工夫次第で、お安くできます。インターネットを駆使して、お安い国内旅行を探してみませんか?

 

ウォン安の今が韓国旅行のチャンス

最近、私のご近所でも韓国旅行に行かれる方が増えています。
円高ドル安はご存じのとおりですが、対ウォンについてはもっと円高が進んでいます。
最近、同様の記事を書いたばかりですが、今日、テレビのバンキシャを見て、また書いています。

http://summertrip.seesaa.net/article/108851936.html円高ウォン安の今こそ韓国旅行を

ある韓国人留学生のケースがテレビ(バンキシャ)で紹介されていましたが、昨年12月に150万ウォンの仕送りを受けたときは、それが、日本円で18万円だったのが、今年の12月では、同じ150万ウォンが10万円の値打ちしかなくなったというのです。

そのせいで、韓国やオーストラリアからの観光客が激減しているそうですが、日本人の韓国旅行は急増しているそうです。

特に、韓国の整形技術は高いため、韓国へ整形手術を受けに行く女性が増えているそうです。100万円の手術が円高の今だと60万円で受けられるんですね。

韓国整形ツアーというようなパックは組まれないでしょうが、美容整形を考えている人には、チャンスかもしれません。

韓国の整形技術の高さは、韓国の女優を見れば分かります。まあ、日本の女優もそこそこやっているとは思いますが。

韓国側も日本人観光客の誘致のチャンスとばかり、いろいろな観光ャンペーンを打ち出していますから、本当に、何十年に1回の韓国旅行のチャンスだと言えます。


ゴールデンウイーク 海外旅行

円高ウォン安の今こそ韓国旅行を

いま、ウォン安の韓国へ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000039-wow-ent

ちょっと前まで1円が9ウォンだったのが、今や、1円が16ウォンまで円高が進んでいます。1万円が9万ウォンだったのが、16万ウォンにもなるわけですから、今韓国旅行するのは絶対お得ですね。

夏休みや冬休みに海外旅行に行こうと考える人が多くなりました。一番行きやすい海外旅行はやはりアジア圏内ではないでしょうか。中でも韓国は韓流ブームの影響もあって、旅行したいという人や、韓国ドラマのロケ地などを周遊する人がとても増えています。

韓国は、東京からで約2時間から3時間半という短時間で行くことができます。時差や気候にほとんど違いがなく、感覚的には国内旅行とあまり変わらないと思いますが、本場の韓国料理を目的に旅行される方も多いようです。韓国までの旅行料金は3日から4日のツアーで、利用する航空機のクラスやホテルのレベルにより、2万円台から23万円台のものまでいろいろありますので、夏休みの旅行に行く前に予算や日程について、旅行代理店等で相談されてはと思います。


韓国に夏休みに旅行するのなら、2007年に韓国で初めて世界自然遺産に登録された済州島(チェジュトウ)の「火山島と溶岩洞窟」がお勧めです。それ以外ですと、世界文化遺産である、李朝時代の王族を祀っている「宗廟」、王朝時代の栄華を肌で感じることができる「昌徳宮」、北朝鮮との境界線を見渡せる「統一展望台」などが特にお勧めのスポットです。


韓国ツアーでしたら、韓流ファンの間で今話題の「太王四神記」のロケ地めぐりや、「冬のソナタ」の市内ロケ地めぐりも人気があります。首都ソウル周辺ですと、韓国式あかすりスパとエステ体験、ソウル市外にある「チャングム誓いテーマパーク」の見学などをツアーにオプションでつけられるものもあります。旅行会社の人気韓国ツアーですと、家族で行っても友達同士で行っても楽しめると思います。

旅行に関するブログを探すなら→ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログ村ランキング


海外旅行といえばアメリカ旅行

長い休みに海外旅行を考えている人は、ロサンゼルスやラスベガス、サンフランシスコやニューヨークがあるアメリカ旅行をお勧めします。

ご存知のとおり、アメリカ合衆国は同じ国の中でも東西で時差があるほど広い国土で、たくさんの民族や人種が共存している、とてもダイナミックな国です。

ハワイだと7時間程度ですが、アメリカ本土に行く場合、東京からだと約9時間〜15時間かかります。時差は−14時間から−18時間あります。ツアー料金は5日間とすると、約5万円〜24万円程度かかるようです。ツアーで多いのは、ロサンゼルスやサンフランシスコなどの西海岸方面とニューヨークなどがある東海岸方面のようです。

夏休みアメリカにツアー旅行をする場合、追加料金を払えば宿泊ホテルの指定が可能なものもあります。東京からサンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、シカゴ、デトロイトなどの主要都市へ直行便ががでていますが、アメリカ系の航空会社の場合、大半はデトロイトやダラスなどの空港で乗り換える必要があります。

アメリカへの海外旅行が初めての人でも、以下のように、自分の行きたい場所や、やりたいことに合わせてツアーを選ぶことができます。
  〇日本人選手が活躍してるメジャーリーグ観戦ツアー
  〇グランドキャニオンやヨセミテやエバーグレーズなどといった国立公園めぐりのツアー
  〇ディズニーランドなどのテーマパーク中心のツアー

旅行に関するブログを探すなら→ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログ村ランキング  

ハワイ旅行

海外旅行のおみやげの注意点

夏休みに海外旅行に行って「おみやげ」を買う時に注意しないといけないのは、肉類や果物を買う際の「検査証明書」です。購入時に検査証明書が付属していることを確認してから、購入しないといけません。この検査証明書が付いていないと、日本に持ち込むことができまず、空港で没収されてしまいます。


夏休みの海外旅行で、オセアニア(オーストラリアやニュージーランド)や北米(アメリカやカナダ)に行く方は、畜産や農業が盛んな国ですから、おみやげとして肉類や果物を購入することが多いと思いますが、近年特に取り締まりが厳しくなっていますので、確認と申請をきちんと行うようにしましょう。

夏休みの海外旅行お土産を選ぶとき、BSEの発生国やその地域から、牛や羊、やぎ由来の肉製品を日本国内に持ち込むことができません。同様に、鳥インフルエンザの発生国やその地域から、鳥由来の肉製品、また、豚コレラ発生国やその地域から、豚由来の肉製品、さらに、慢性消耗性疾患(CWD)発生国から、鹿由来の製品は、たとえ検査証明書が付いていても持ち込むことはできません。

夏休みの海外旅行でよくお土産にされる果物については、冷凍果物やドライフルーツなどは、輸入禁止の植物にあたらないため、帰国した際に植物防疫所で検査を受けて、有害な病気や害虫が見つからなければ持ち込むことが可能です。

ハワイやヨーロッパには「チチュウカイミバエ」、東南アジアには「ミカンコバエ」や「ウリミバエ」というハエ(害虫)が、果物に卵を産んで繁殖する可能性があるため、注意が必要なのです。



こうしたいろいろな制約や危険性があっておみやげ購入が面倒だという方は、日本でお土産を先に注文しておいて、海外旅行から帰ったら自宅に届いているというサービスがありますので、利用するのもいいかと思います。

→ お土産宅配サービスなら創業百年の三洋堂

海外旅行前に知っておくべき法律

夏休みになると、たとえ短期間でも、海外旅行をされる人も最近は多くなりました。海外旅行に行くと必ず買うのが「おみやげ」ですが、知識不足から、その「おみやげ」が検疫で摘発されることが最近とても多いらしい。海外旅行先の空港の免税店で売られていても、日本に持ち込めないものは意外とたくさんあるんですね。知らなかった、では済まされません。


海外から日本への持込を規制する主な法律は次の4つです。
  ・ワシントン条約
  ・外来生物法(特定外来生物に係る生態系被害の防止に関する法律)
  ・家畜伝染病予防法
  ・植物防疫法

ワシントン条約は、割と有名ですが、絶滅の恐れがある野生動物や植物を保護するための法律ですね。夏休みに海外旅行へ行ったら気を付けましょう。


外来生物法は、日本に生息している生物を餌にする可能性があって、その生物の生態系に異常をきたす恐れのある生物を規制する法律ですね。

夏休みに海外旅行に行って、動植物を日本に持ち帰りたいと思っても、ワシントン条約外来生物法の規制の対象になる場合があり注意が必要なので、夏休みに海外旅行をする際には、十分気を付けて下さい。


家畜伝染病予防法植物防疫法では、果物や肉類(加工品を含む)を持ち込む場合に申請などが必要な規制です。植物に有害な病気や害虫のほかにBSEや鳥インフルエンザ、豚コレラなどの病原菌を日本に入れないためですので、申請したからといって持ち込めない場合もあります。夏休みに海外旅行をして旅先で果物や肉類を購入する際には、きちんと確認してから買うようにしましょう。

おみやげの購入が面倒だ、荷物が増えるので厄介だ、と思われる方は、日本でお土産を先に注文しておいて、海外旅行から帰ったら自宅に届いているというサービスがあり、利用している人が多いですね。海外旅行に行くと、どうしても、義理でお土産を購入しないといけない場合が多いですからね。

→ お土産宅配サービスなら創業百年の三洋堂



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。